趣味

2018年7月20日 (金)

1年前期終了

Piccoro
今年4月桐朋学園芸術短期大学芸術科音楽専攻トランペット専修に入学し無事というかなんとか1年前期を終了し一段落。 成績などの結果はまだ出ていないけれど前期試験日程が過ぎ短大では随分いろいろなことを教わったなあとういうのが実感で先生方には本当に感謝しています。副科のピアノ実技も大変だった、楽典やSHMも大変だった、和声やアウトリーチや音楽史では新世界を垣間見ることができ、呼吸法やバロックダンスでは身体運動の大切さを学んだ。声楽アンサンブルは皆で歌うハーモニーの素晴らしさに酔いしれた。トランペットの道程はまだまだ遠いけれど学んだことを生かしてすこしずつ進めていこうと思った。

2018年6月17日 (日)

ラッキーが死んだ


Rakki
6月9日ラッキーが死んだ。というより呼吸が止まったといった印象だった。その日の三週間くらい前から老犬用の食事もとらなくなっっていたのでここ三週間はスポイトで牛乳を口に運んで飲ませていた。が、9日は朝から牛乳も飲めなくなっていた。おかしいなと思って午後からの所属するポップバンドの練習も急遽欠席の連絡をした。ずっとみていると呼吸がだんだん小さくなりそして止まった。しんでしまったと思った。そしてしばらく見ているとまた呼吸が小さく動き始め大きくゆっくりうごいていった。またしばらく見ているとまた動きは小さくなりまた止まった。こんな風に呼吸がとまることを三回繰り返しとうとううごかなくなってしまい止まったままになった。11時25分頃だった。苦しんでいる様子もなく静かに呼吸が止まってしまったという印象だった。二年半ラッキーと共に寝起きして、やれるだけやったので なんの悔いもなかった。小さな命も大自然の大きな命に生まれ変わっていった。

2018年4月 2日 (月)

京おどり

Kyouwodori_2
昨日京都・京おどりを観に行って来た。朝はやや寒さを感じたが日中は暖かな一日だった。桜も葉が出ているところもあったがほぼ満開で、京都駅も河原町・鴨川・四条通界隈などは歩くのも儘ならぬ混雑様、なのでクルマは避けて地下鉄で烏丸まで行き徒歩で宮川町歌舞練場に向かった。途中鴨川おどりと都おどりのポスターが目にはいりこちらも開催中だった。自分は五花街のうち宮川町がきれいどころも多いし踊りも華やかで甲部とは違ってとても庶民的なので一番気に入っている。歌舞練場入口でお迎えをしている駒屋さんの女将さんに久し振りの軽いご挨拶をして中に入った。京おどり題目は天翔恋白鳥(あまかけるこいのはくちょう)全八景の舞踊劇。おもしろいストーリーになっていて観ていて一気にフィナーレの宮川音頭になってしまった。立ち方の菊つるさんふく尚さんとし夏菜さんとし真菜さんとし輝さん小扇さん良かった。地方さんのふく葉さん弥千穂さん良く通る声と艶のある声が場内に響いていた。しっとりした三味線と笛の音が印象的でこころに残った。総じて大道具も照明も衣装も音響も影響するのか企画からなのか何故だかはよくわからないがなにか伝統の京都のなかでとても斬新な感じがして明るい未来へむかう新世界を見させてもらったような気がした。

2018年3月25日 (日)

第66回北野おどり

Kitanoodori
昨日第66回北野おどりを観に行ってきた。京都駅を降りるとかなりの観光客でごった返しており盛況なんだなとおもった。桜も今年は例年より開花がはやいようだった。地下鉄で今出川まで行き陽気もいいので上七軒歌舞練場までてくてく歩いて行った。途中天台宗のお寺や天皇ゆかりの白峯神社などがあった。写真は歌舞練場の内部、上七軒歌舞練場を訪れるのはは数年振り、北野おどり一部は北野の杜の物語、北野天神の杜の奥どんたく祭りに皆戯れ遊ぶところへ二人の太夫がでてくるのでどちらがほんものの太夫かと踊り比べで品定めをするのだが、本性顕わすはきつねとたぬき、雷鳴轟く中天神様が現れお怒りになられる、とおもいきや、生あるものの悪戯も太平の証と、歌の神舞の神に免じてお許しになるという物語。二部からフィナーレにかけては、舞妓芸妓やく30名による輪舞から総踊りへ、大道具や着物や照明など総じて暖色系の明るい色で配色されていて地方さんたちの声色も太く明るくなっていてこれからが楽しみにおもった。歌舞練場を後にしてまた地下鉄今出川まで春の夕のウォーキングを楽しみ四条で乗り換えて河原町までいきまたひとひとひとの流れにのって四条の奥村のお店orenopanに行き残っていたパンをたくさん買ってまたまた人の流れにのって河原町から地下鉄にのり東京への帰路についた。

2018年3月13日 (火)

最近のラッキー

Lakki
最近の愛犬ラッキー、2000年の1月6日生まれで3か月でうちにきてからもう18年目なので人間の歳だったら90歳くらい。この頃はごはんとうんちおしっこ以外はほとんどこのベッドやサークルのなかで寝て過ごしています。目も見えないで耳もほとんどきこえないで鼻がすこしきくようです。立つこと歩くことも一生懸命頑張っています。体重は最盛期の8キロ代からいまは6キロをしたまわっていてだっこしてもほねっぽいです。昨秋からおむつをつけました。夜はラッキーの横で寝て夜のおしっこうんち番係をしてもう二年半になります。夜トイレに行きたいときはちゃんと合図をして知らせます。夜中に1~3回おきるのはつらいけど犬のラッキーでさえがんばっているのだから人生修行の鍛錬でぼくもがんばっています。ドッグズスピリットはすごいと思います。

2018年3月 8日 (木)

国立競技場

Kuougijou
昨日ひさしぶりに自宅近くの神宮外苑にウォーキングに行った。途中外苑橋に差し掛かったところで建設中の国立競技場の威容が目に留まった。かなりの急ピッチで工事は進んでいるようだった。国立競技場というよりなにか堅固な要塞のようにも見えた。向かい側の神宮プールの建物も半分が解体されて平地になっておりここも高層のホテルや駐車場商店街などが建築されるとのこと。みんな頑張ってるんだなあと思った。

2018年2月22日 (木)

宝塚観劇

Takara
昨日東京宝塚劇場へ花組公演「ポーの一族」を観に行ってきた。久し振りの東京宝塚劇場、しかもSS席だったのでほんとに至近距離で観劇できた。物語は時空を超え生きていくバンパネラと呼ばれるポー一族の史実にも残っているような不思議な夢のようなおはなし。いつものと変わらぬジェンヌさんたちの真摯かつ入心の熱演、プロ極め付きの宝塚オケ、華やかな衣裳と舞台装置音響照明と、開演たちまちのうちに現実から宝塚の世界へ引き込まれた。綺城ひか理さんも元気でご活躍だった。殊に銀橋上の明日海りおさん仙名彩世さん柚香光さん、きれいだった。帰り道やはりすがすがしい気持ちの充足感に満たされすばらしい明日への広い希望のようなものにつつまれているような気がした。

2018年2月20日 (火)

演奏会

W
2月12日に行われた早稲田大学応援部OB・OG吹奏楽団のウィンターコンサート演奏風景です。今年で3回目になりました。おかげ様にて無事終了しました。ありがとうございました。

2018年1月23日 (火)

演奏会

Waseda
 
2月12日(月・休)板橋区立文化会館大ホールで自分の所属する早稲田大学応援部OB・OG吹奏楽団 稲吹会 のウィンターコンサートが行われますので案内をアップしておきます。

2018年1月18日 (木)

観劇

Sensouji
昨日浅草公会堂で行われている若手グループの新春歌舞伎公演を観に行ってきた。演目は操り三番叟、引き戸、京人形だった。操り三番叟は普通の三番叟と少し違っていて天井から恰も操り糸で操られているかのような踊り、途中糸が絡まったり切れたりほつれたりしたところをつないだりむすんだりする小技をいれての演技、引き戸は何回か見た人情物で昔も今も変わらぬ庶民の人情物語、京人形は初めてだったがきれいな京人形が左甚五郎の魂のはいった無骨な人形になったり花魁の魂の入った色めかしい人形になったりの変わりようがなかなかのお芝居であった。終了後外へ出るとかなりの雨、だったので近くの日高屋へはいり餃子とレバニラ炒めで腹ごしらえをし帰宅。浅草寺近辺は外国人がとても多かった。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ